ゴルフ コック の 仕方。 ゴルフのテクイバックでインに引きすぎる?正しい軌道や引き方のコツ

ゴルフスイングでコックとは?その仕方と効果、上手く入れるためのドリル

またトップの位置でコックを入れると、トップでコックの分だけスイングの溜めを作らないといけません。

10

こんなに変わる!ゴルフスイングの正しいコックの仕方を身につけよう!

「なんでそんなこと言えるの?」という気持ちは分かります。 ゴルフスイングの基本から外れてしまいます。

【ゴルフのコック】手首のコックのやり方とタイミング

その後リリースが徐々に始まります。 プロもしてないのだから大丈夫と思うかもしれませんが、プロだから大丈夫なのです。

16

意外と多いスイングでのコックの方向。では正しい方向とは?

コックって何? コックは 手首の角度のことですが、効率的にボールにパワーを伝えるためには、インパクトでコックを解放する必要があるので、バックスイングからトップで コックを作って、インパクト直前まで(右足の前までグリップが下りてくるまで) コックを維持することが、ゴルフにはとても大切なんです。 ぜひ、手首の使い方というものをしっかりと理解して、それを実践してほしいと思います。

簡単!コックの使い方と仕方

ダウンスイングで手首の角度をキープさせると頭ではわかっていても、いざ実際に手首のコックの角度をほどかないように維持することはなかなか難しいですよね。 大きいスイングでノーコックだと、クラブヘッドがなかなか上に上がりません。 結果的に右手でボールを打つような感じが出る このような結果になってきます。

ゴルフのテクイバックでインに引きすぎる?正しい軌道や引き方のコツ

イントゥインのスイングには正しいコックが必要 ゴルフは、 スイングプレーンと呼ばれる正しいスイング軌道に沿ってスイングする必要があります。 ですので、コックを入れるタイミングが遅すぎるとオーバースイングになってしまいますし、90度以上コックが入ってしまってもオーバースイングになってしまいますので、コックは正しいタイミングで適正な量になるようにしてください。 またコックのタイミングも、アーリーコックやトップで行うだとか、意識しなくても力を抜いてスイングすれば自然とコックできるなど様々な意見が見られます。

13

ドライバーのゴルフスイングとコック

そこで逆転の発想として、 グリップの位置をアドレスで構えていた場所にもどすようにダウンスイングすることで、手首の角度もほどかないように維持しやすくなるというのがこの方法です。 08年には「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」連覇を含む年間4勝を挙げ、賞金女王に輝いた。