内田 洋行。 建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

内田洋行

(現連結子会社)• 1967年(昭和42年)12月 福岡市音羽町に福岡支店を建設、移転。

働き方変革の動向 ~内田洋行の自社での取り組みと新たなオフィス環境整備に向けた対応

ウチダ中学校カタログ• S プロセス エンタープライズバージョン」を、3月20日より、全国にて発売開始いたします。 休業期間中に頂きましたFAX・メールへのご返答は、8月17日(月)以降、順次行ってまいります。 尚、現場での働き方改革が進むことから、日報管理、作業員手配や工数集計など、日常的にご利用になるシステムとの連携が行えるよう、API連携機能も搭載いたしました。

20

建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

1995年、 株 内田洋行の人事部人材開発センターを受け入れ、 株 アプロスにて研修事業を開始。 ウチダ小学校カタログ• 取り組みの価値を実感して、ICTサービスを提供することは、ユーザー企業に共感をもたらし、導入、利活用が進むものと想定される。 アウトソーシング受託など。

17

建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

ウチダ施設設備総合カタログ 情報システム [ ] 中堅中小企業向け統合パッケージソフトであるスーパーカクテル等を開発・販売している。 この間、事務能率向上支援、科学教育振興という事業ドメインで展開した。 株式会社内田洋行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大久保昇、以下、内田洋行)の連結子会社である株式会社内田洋行ITソリューションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:新家 俊英 以下内田洋行ITソリューションズ)が販売する建設工事業向けERPシステム「PROCES. 1995年(平成7年) 6月 ウチダインフォメーションテクノロジー(株)を設立。

19

建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

(現(株)ウチダデータ、現連結子会社)• 「アプロス」は商標としてウチダ人材開発センタのパソコンスクールで使用。

内田洋行

販路では、戦後すぐに、計算尺で学校ルートも築いた。 1941年(昭和16年) 5月 組織整備を行い、東京及び大阪に内田洋行を設立し、現在の当社の母体となる。 テレワークを実施する社員の割合も、平均約5割と昨年12月の約2割に比べ上昇している。

内田洋行

この引き合いがホームページ経由で多くきている。 (現連結子会社)• 教育総合研究所• 2000年(平成12年) 3月 湘南物流センターを売却。

12

内田洋行

2006年(平成18年) 4月 韓国釜山に釜山新港物流センターを開設。 (現連結子会社)• 国内企業において、テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス)の実施状況を見ると、従業員のパソコンのログ情報等による見える化は一部の企業で進められてきている。

18

働き方変革の動向 ~内田洋行の自社での取り組みと新たなオフィス環境整備に向けた対応

1995年(平成7年) 5月 東京都江東区潮見に事務所を賃借し、本部潮見オフィスを設置()。